いま就活は

読売新聞より*********************************

「企業が求めるのは、資格や技能ではなく潜在能力。ならば、専攻の学業をしゃぶり尽くそう」。2月上旬、京都大で開かれた「大学生キャリアセミナー京都」で、雇用などが専門の浦坂純子同志社大准教授が、関西の14大学の1、2年生約30人に学業の大切さを語った。

現在、多くの大学は、会社で仕事を体験するインターンシップを重視する。志望の業界を知り自分の適性を知るのに効果的とされるからだ。大学も企業も訪問先への就職には直結しないとするが、実際には就活ととらえ参加する学生もいる。

 しかし、龍谷大でキャリア教育に取り組む東田晋三教授は、「就職難の今こそ土台がしっかりした学生が求められる。インターンシップは有効だが、土台があって初めて生きる。土台を作るのは学業だ」と語る。

読売新聞より*********************************

土台があった上で色々な経験ができる人、そういう人が求められているのでしょうか。

私は、まだ駆け出しなので前者も後者も不十分な気がする。。。

今出来ることは、なんだろう・・・考えてみよう‼!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください